<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Le sacrifice

d0158171_9583117.jpg

“犠牲”

イスラムの世界では、一番の大きな行事として“羊犠牲祭”がある。

たいていの家庭が1匹の生きた羊を買い、ラマダンが明けて2ヶ月と10日後に、お祈りをした後に羊をさばく。
イスラムの教えの中でのこと。
昔、アブラハムが、神様への忠誠を誓うために、自分の息子の命を捧げるよう要求されたそうな。
父親としてそんなことはしたくない、でも神様の言葉には従いたい・・・。
迷いに迷い、ついに自分の息子の命を神様に捧ごうとした時、神様から再度お言葉が。
“おまえの忠誠の心はよく分かった。
 おまえの息子を犠牲にするのではなく、代わりに一頭の羊を犠牲にせよ。
 そして、羊の命を捧げなさい。”

一家の家長が、包丁を持ち、羊をさばく。

イスラムの世界で、一番の行事。
しっかりと目に焼き付けようと、近くで立ち会いました。

日本では昔、牛の解体をする人々を、人間よりも劣った人種として差別していた。
生き物をさばく人が、なぜそのように扱われたのだろう?
羊をさばく様子を見せてもらい、家長の存在の大きさを感じた。
そして、命を生で感じることの意義を感じた。
生きるために必要なこと。
日本人は、自分たちが生きていることの背景を、あまりにも見ていないのではないだろうか。
正直、目をそむけたくなる光景だが、知る必要のあることに感じた。


d0158171_9552894.jpg

生きた羊を、数名の男性が抑え、
“ビスミッラー (いただきます)”
の言葉の後に、家長が首元に包丁を入れる。
さっきまで生きていた羊。
数日間、もしくは何年間も育てていた羊だ。

うめき声をあげたり、バタバタと暴れたり、痛々しい。
首に入れた包丁は、首を全部切り落とすわけではなく、神経系は残す。
そうすることで、心肺機能と循環機能を生かすらしい。
羊自身の能力で、血抜きをすることが、犠牲にした羊の苦しみを短時間にし、更には肉を美味しくするらしい。
人間でいう“頸動脈”と“気管”が切られ、大量の血液と、気管からもれる“ハァーハァー”という、なんとも苦しい音がする。
大きな動きが無くなり、命を引きとったと思われる後も、お腹に手を当てると、温かさと脈を感じる。

d0158171_95601.jpg

その後、後ろ脚に小さな穴をあけ、そこから息を吹き込み、羊が大きな風船のように膨らむ。
家長が必死に息を吹き込み、私なら酸欠になるのではないか・・・、そんな不安もよぎった。
しっかりと膨らんだ羊は、吊るされ、次の作業に移る。
吊り下がった羊からは、血液と胃の内容物がたれる。

d0158171_9562334.jpg

吊るされた羊は、皮を剥がれる。
ナイフと手で、肉屋に吊るされている状態にされる。
またとない機会に、私も手伝わせてもらう。
温かい羊、初めて触れる結合組織の感覚。
肉と皮の間の白いもの。
何となく細い糸のように感じた結合組織を、ナイフで少しずつ切り離していく。
そんな作業をしながら、何となく芸術作品を作る作業に参加しているような気分になる。

d0158171_9565382.jpg

ほとんどの皮がはがされ、首元にたどり着いたら、首が切り離される。
頭はすぐに、お母さんが火で焼く。
役割分担で、同時進行だ。
家長は、お腹を切り開き、内臓を取り出す。
胃は、内容物を取り出し、洗い流す。
大腸は、息を吹き込み、コロコロしたフンがポロポロと出てくる。
小腸は、消化作業が途中のため、手で内容物を送り出し、きれいにする。

そんな風な作業を終え、串焼き、タジン、クスクスなどの料理で、家族やお客さんを招いてごちそうを食べる。

それが“羊犠牲祭”。

d0158171_9571741.jpg

街中のいたる所に、羊の血が残っています。
しかし、家を訪問し合い、食事をする。
肉を分け合い、語り合う。

そんな習慣の中、お客さんとして、沢山のお家にごちそうになりました。
苦しくなるまで食べ、さらに食べろと言われる。
限界を超え、少し胃が悲鳴をあげましたが、モロッコの文化を感じられた、貴重な経験でした。

私たちが生きるために“犠牲”になる命。
自分が、それらの“犠牲”を最大限生かし、“犠牲にしない”よう生かさなければ。
[PR]

by coffeeshopdabada | 2010-11-30 11:07 | モロッコ・イスラム

Le poulet

d0158171_924497.jpg

“鶏”

スークと呼ばれる、市場では、たいてい“鶏”のにおいがする。
友達が、スークで“鶏を1匹買いした”、そんなことを聞いていたが、こないだ初めて自分も買った。
衝撃で、思わず目をそむけたくなったが、じっと見たいと思った。

d0158171_925119.jpg

まず、自分がさばいてもらう1匹を選ぶ。
小さい方が美味しい、そう聞いたので小さいのにした。

d0158171_9253582.jpg

はかりで重さを測り、18DHと言われた。
日本円にして、180円。
1kgちょいの鶏がこの値段。

d0158171_926339.jpg

値段のことを考えている間に、アッと言う間に鶏の首は切られ、痛みにバタバタしていた。
思わず目をつむろうとしていると、この入れ物の中に放り込まれた。
しばらく鶏はあばれ、切りつけられた首から、血が流れ出、血抜きをしていたようだ。

d0158171_9263360.jpg

その後、足を持たれた鶏は、熱湯につけられた。
少し暴れる鶏も、手慣れた様子でしばらく熱湯につけられる。

d0158171_926566.jpg

熱湯のせいで、羽がかなり抜け、さっきまで動いていた鶏は、もう動かない。

d0158171_9272710.jpg

熱湯の後は、水なのかな?
違う液体につけられ、羽はきれいに無くなった。
ほんの数分前まで生きていたのに・・・。
今はもう、スーパーで見慣れた“鳥肌”状態になりました。

d0158171_9275880.jpg

きれいになった鶏を、最後に包丁で作業。
内臓を取ったり、足を切ったり。


これが“命をいただく”ということ。
日本ではこんな様子は見れない。
見る環境が無い。
現実を受け止めるだけの、自分がいなかった。
モロッコに来て、動物の命をいただくことを日々近くに感じる。

最後に、家に持って帰った鶏は、お酢と塩だったかな?
臭みをとる作業をして、次の日までねかせました。
[PR]

by coffeeshopdabada | 2010-11-29 09:51 | 生活の中のモロッコ

le nid

d0158171_8372311.jpg

“巣・住みか”

中田英寿が、“自分探しの旅に出る”
そんなことを言っていた気がする。
人が走る背中を見ると、いつもそんなことを思い出す。
私の旅は、まだまだ始まったばかり。
どんな旅になり、どんな自分を探すことができるだろうか・・・。

d0158171_8382664.jpg

自分が中学生のころから、地理だけは大好きだった。
社会の時間に習った、“土レンガ”に住む人たちは、一体どんな人たちなんだろう?
幼いころ、思いを馳せていたものを、自分が今“生”で見ている。
d0158171_8391337.jpg

“土レンガ”の家の中は、想像とは違い、こんな風にきれいで、子供と遊ぶこともできる。
“土レンガ”の中は、暗くて、きたなくて、ジメジメして・・・
勝手に私はイメージしていました。
全くの間違いでした。
夏の暑さをしのぐのに、こんな風な造りになっているのだろう。
見てもないのに、私のイメージは完成されていた。
勝手な思い込み・・・。
すみません。

d0158171_8395511.jpg

ベルベル人の使う、“ベルベルテント”と呼ばれるテント。
砂漠や山岳地帯を移動しながら、このテントで生活するんだろう。

d0158171_924597.jpg

山岳地帯に家を構えて、生活している人たちを見た。
人里から離れた、山の上にある家。
山のふもとから、1時間以上はかかった。
そんな山の上で、こんな風に生活をしている人がいるとは、想像もしていなかった。

d0158171_8405056.jpg

山岳地帯に住む人たちが、簡易宿泊所としてこの中で過ごすらしい。
現地のガイドさんが教えてくれなかったら、全く気付かなかった。
家畜をつれて移動する、遊牧民(ベドウィン?ノマード?)は、こんな住みかも利用するらしい。

d0158171_843372.jpg

“クサル”と呼ばれる、昔ながらの集合住宅的な家。
今でも生活している物と、今は使われていない物があるらしい。
一歩“クサル”に入ると、足元が全く見えないくらい暗い。
さらに、通路が入り組んでいて、1人だと全く方向がわからなくなる。
これまた外見から想像していた物と違って、沢山の人々の生活がここにはあった。



d0158171_8423437.jpg

“寝袋”
全く便利なものだ。
寒い夜空の下でも、こんな風に星を見ながら寝ることができる。
[PR]

by coffeeshopdabada | 2010-11-28 09:20 | 生活の中のモロッコ

La richesse

d0158171_19594067.jpg

“豊かさ”

毎日活動に行っている、モロッコの田舎にある中学校。
写真は、去年の冬に、地域の協力と、先生と生徒の作業によって、中庭と校庭を整備した時の写真。

無かったものが形になることの喜び、想像することしかできないが、めちゃくちゃ嬉しかったんじゃないかなって思う。

私は、今の状況しか知らず、あることが当然と思っていた。
こんな少し前の過去でも、知れば見方が変わる。

モロッコに来て、自分の心の豊かさが小さいと、頻繁に感じる。

モロッコの人たちは、分かち合うということを、本当に当然のようにする。
例えば・・・
ほんの小さなチョコレートを持った小学生が、私に一口分けてくれる。
本当に小さいのに・・・、飽食時代の私には、そんな些細なことが、なぜか心にしみる。
日本の自分なら、分けずに自分で食べる。
親にねだって、お菓子を増やす。
・・・
物が少ない、無い、そんな生活では、何でもお金で買って解決する自分が、
“豊か”とは感じない。

フランス語学校でのこと
こちらでは、フランス語の教科書なんかの輸入物は高い。
友達同士で1冊買って、コピーして使うか、一緒に使うことも多い。
それに比べて私は・・・。
教科書、ワークブック、電子辞書、何でも持っている。
こんなに不自由のない環境が普通の私。
そんな環境なら、研究者でも何でもなれたんじゃないか・・・。
“豊かさ”の中の自分と、結果を比較して、どことなく残念な気持ちになる。


モロッコでの生活が長くなり、今まで見えなかった、庶民の暮らしが少しずつ見えてきた。
日本人の持つ“豊かさ”の物差しが、新たなスケールに触れ出しています。
[PR]

by coffeeshopdabada | 2010-11-10 20:29 | モロッコ・イスラム

le chameau

d0158171_6551640.jpg

“らくだ”

久しぶりの更新です。
ずいぶんと長い間、書けなかったこと、残念ですが、バタバタしていました。
何が忙しかったのか・・・?

ベニメラルでの隊員の開催する、講習会の助っ人に1週間ほど家を空けたこと。
近くの料理隊員の学校で行われた、お茶会のお手伝いをさせてもらったこと。
フランス語の勉強に、ついて行くのに必死なこと・・・。
日本の中学校との交流を、モロッコの中学校とやったこと。
・・・

何なんだろうか、最近、自分の家にいる時間が、めちゃくちゃ少ない・・・。
こんなおかしなリズムで、頭の中は、いつもの通り、悩む。
そんな中で気づいたこと。

“ブログを更新していない”
“ブログを始めた時の気持ちを、忘れてた”

このブログを始めた時の思い・・・。
モロッコを、私の好きな人たちに知ってもらいたい。
その思いが一番強かったのに、いつの間にか、自分の思いのはけ口にしていたような気がする。
初心に戻ろう。

モロッコには、“ラクダが沢山いる”と日本にいる時から聞いていた。
事実でした。
数週間前、中学校にいつものように足を運び、帰りがけの車の中でのこと。
いねむりをしてしまい、ふっと目を覚ますと、道路のわきにラクダが40~50頭、水を飲んでいる。
思わず、叫んでしまった。

ラクダを飼育し、売っているそうだ。
ラクダを小さいうちに買うのは、3000DH(3万円)くらいだそうだ。
それを育て、売るころには、何倍にもなって売れるそうだ。
具体的な金額を聞いたけど、忘れてしまった・・・。


さてさて、最近の私は、何だか考えすぎて、楽しむことを忘れていたように思う。
“笑う門には福来たる”
“動けば変わる”

日本とは違う世界で、読めない将来を読もうとし、自分を苦しめていた。
言葉が不自由・・・。
だからなんだ!?
今の自分が、その状況を楽しんで、動いていくこと。

“ラクダ”のように、ずーっと長く歩きたい。
青年海外協力隊としての自分がスタートして、6ヶ月。
多くの人に出会い、多くのことを学び、環境を変えたことで学べたことが沢山ある。
そんな今を、素直に楽しみたいと思う。
[PR]

by coffeeshopdabada | 2010-11-08 07:23 | モロッコ・イスラム