<   2010年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

La Chinoise

d0158171_21171261.jpg

中国人。

こっちに来て、毎日必ず“シノウィ~”と声をかけられます。
自分が日本人である以上、反射的に“ちゃうで!!日本人やし!!”って言いたくなりますが、ぐっとこらえて“ニーハオ”なんて言ってみます。
で、その後に“日本人やで”って言ってみる。
すると、何人かの人は態度が変わったりもした。
・・・。
なぜだろう?
こんなことを、毎日歩きながら考える私でした。
今、私の中ではいくつかの考えがある。
書き留めておこうと思う。

・中国人も日本人も韓国人も、はっきり言って分からない!
 1ヶ月日本を離れ、日本人の顔をあまり見なくなると、正直言って日本人の私でも区別ができません。
 一緒に住んでいる家族でさえ、“中国から来たんやった?”ってな感じだ。
 海外の人が、アジア系の顔を見て“中国人や!”って言うのも自然だ。

・人種差別は世界共通!?
 これは残念なことだけど、“シノウィ~”っておちょくって声をかけてくる奴もいる。
 人間は、国籍が違っても、自分より弱い立場の存在を作り、優位に立とうとするのが本能なのか?

・中国って・・・
 中国人を差別用語のように使うのはなぜ?
 モロッコでも日本でも、身の回りにある物はmade in CHINA。
 生活するのに、中国なしではやっていけないのに、なぜだろう。
 自分の中にも、少し中国に対して負のイメージがある。
 だから、“シノウィ~”と言われて腹が立つ。
 中国に対しての考えをまとめたいと思う、今日この頃です。

・教育
 道徳の授業や社会の授業で、差別はだめ!過去の過ちをみつめよう。
 てな感じで、幼いころから学校で教わってきた。
 日本人も、外国人に対して差別的な発言をしていると思う。
 でも、人格を持った人はそんな発言はしない。
 モロッコの人権的な教育は、行われているのか?
 モロッコの教育はどんなものなのか?
 これから学んでいきたいと思います。


ごちゃごちゃと、嫌なことを書きましたが、一緒に過ごしていると国籍なんて関係ない気がする。
こんな風に、通りかかると笑顔で寄ってくる子供がいる。
[PR]

by coffeeshopdabada | 2010-07-27 21:20

Mes camarade

d0158171_646214.jpg

仲間。
首都ラバトでの生活も、残すところ3日。
二本松訓練所での2ヶ月、ラバトでの1ヶ月、常に一緒に勉強し訓練を共にした仲間と離れます。
昨日の金曜日が、気づけば一緒に過ごす最後の日でした。
そんなことも考えず、いつも通り過ごした私です。

さてさて、この写真を見てわかるとおり、毎日が国際交流です。
アメリカ・メキシコ・フランス・イタリア・ベルギー・日本。
色んな国から来た人と、毎日しゃべています。
それぞれの人が、話せる言葉がちがうため、英語を話したり、フランス語を話したり、体で話したり・・・。
そのおかげで、私の頭の中はグチャグチャです。

こんなことが日常の今の生活。
決して普通じゃない。
貴重な体験を忘れず、心にとめておきたい。
そして、同期の仲間にはこれから頼ることが多いと思う。
お互い充実した活動をして、帰国したいなって思う。
[PR]

by coffeeshopdabada | 2010-07-25 06:48

La famille

d0158171_7181180.jpg
家族。

ホームスティを始めて、25日くらいが経ったかな。
あと1週間でお別れと思うと、なんか寂しくなる・・・。
私って素直だな・・・、モロッコでも同じだ。

ホームスティに慣れ始め、アラビア語も少しだけ話し始め、確実に家族との距離が近くなった。
今では、家族の洗濯ものを干したり取り入れたり、けっこうやってる。
きっかけは、夏休みだから普段はいないお母さんの妹。
“ダバ!テラス!これ!!”
そんな感じで指示される。
その頃は、アラビア語も分からず、命令されたことに少し抵抗を感じ、アジア人ってこき使われるのか!?心の中で葛藤した。

でも、うちの家のテラスに行くには、息が切れる。
細い階段を4階まで登る。
しかも、脱水をしていない水をたっぷり含んだ洗濯もの。
更に、テラスに出るには、まるで京都の茶室にでも入るかのように、80cm四方の窓のような穴によじ登らなければならない。
50歳のお母さんに、無理だ。

ってことで、今では何も感じず、頻繁に洗濯物を干したり取り入れたりする。
自分の洗濯のついでだけど。
そんなこともあってか、
“PCで写真を送りたいけど、教えてくれる?”とか、
“ネットで写真を探したいけど、教えてくれる?”とか、
“ダバ、こっちおいで!”とか・・・。
悪く言えば、利用されているのかな??
でも、そうだとしても、ひとつの家にいて、孤立していない今が幸せだ。

昨日の晩御飯。
“ママ、ハリラスープある?タジンある?”
“全部あるよ。”
“ハリラは今食べて、タジンはまた後で食べなさい。”
“私は、晩御飯は1回だけだから、今食べたいよ。”
こんな風に、自己主張もしている。
そして、
“ママ、私は幸せだよ。
 だって、全部おいしいもん!!
 ごちそうさま。”
日本でもモロッコでも、料理をおいしそうに食べるとお母さんは喜ぶ。
決してお世辞ではなく、毎日言う言葉。
“ママ、おいしい!!”
 
[PR]

by coffeeshopdabada | 2010-07-22 07:25

La décision

d0158171_745799.jpg
覚悟。

今日、海岸沿いを一人で40分ほど走った。
今までずっと抱えていたことに、少し答えがでた。

“しゃべれない・・・”
これは、4月からというよりは、海外旅行に行くたびに感じていたこと。
だから、その壁を越えたくて、旅行よりも海外に住みたいと思った。
しかし、自分は英語はしゃべれない、フランス語もしゃべれない、アラビア語もしゃべれない・・・。
結局どの言葉もしゃべれない自分に、ずっと悔しさを感じていた。
こっちで合う外国人は、たいてい英語がペラペラ。
英語以外もフランス語かスペイン語がペラペラ。
4ヶ国語をしゃべれる人なんて、山ほどいる。
そんな人たちと出会って、自分って・・・何なんだ?
フランス語話そうとしても、語彙や文の構成力がない。
英語は、フランス語を習い始めて低下。
今の自分は、結局何もしゃべれない・・・。

そんな自分を、毎日の日課のように責めていた。
でも気づいた。
確かにペラペラには話せない。
だけど、知らない土地で私は生きることができている。
ペラペラじゃない、語学力がない。
だけど、知らない土地で生きていく覚悟がある。

しゃべれない自分を責めるのはやめる。
買い物するのも、テンポは悪いけど、おっちゃんと仲良くなって買い物もできる。
ボチボチ行こう。
[PR]

by coffeeshopdabada | 2010-07-20 07:07

La langue

d0158171_8581171.jpg
言葉・・・言葉、それは、時に人を傷つけ、時に人を喜ばせる。
     (高校時代の友達の名言です)

最近のキーワードは、まさにこれ!!
ホームスティ先のお母さんは、全くフランス語が通じません。
2週間アラビア語(モロッコ方言を特にデリジャという)を習い、すごく楽しい体験をしています。
学校に行くと、色々なことを習います。
私は帰る前に、お母さんに話をするために、習ったことを整理して帰ります。
“ママ、今日、私は、友達と、バスで、学校に行きました。
 私は、デリジャを、勉強しました。
 私は、お昼に、サンドイッチを、食べました。”

“ママ、お腹が減った。
 食べ物はありますか?”

“ママ、あなたは料理が上手です。
 モロッコの料理が、私は、好きです。”

何も伝えられなかった私が、言葉を覚えるということは、めちゃくちゃ嬉しい。
何か伝えると、
“ダバ、グッド!!!”
って誉めてくれる。

正直言うと、学校で習ったことをほとんど覚えられません。
そんな負い目を感じる私を、家族は誉めてくれます。
そして、デリジャを使うと、家族との距離が近づきます。
だから私は、勉強を続けられます。
誰かに認めてもらう・・・、本当に大切なことですね。
幼稚園や小学校で勉強して、学校から家に帰るときって、こんな風にワクワクしていたのかな?
毎日が、疑似小学生体験!?
貴重な体験をしています。
ありがとう。



写真は、アラビア語学校の中庭の写真です。
おじさん、おばさん、おじぃさん、おばぁさんが、こんな風に勉強する光景が普通です。
バカンスになると、毎年勉強しに、海外から来る人もいるみたいです。
話せば話すだけ、自分とつながれる人が増える。
“言葉”って、本当に魅力的ですね。

 
[PR]

by coffeeshopdabada | 2010-07-18 09:00

Le boucherie

d0158171_995233.jpg
肉屋さん。
モロッコに来て、1日に1ブロックのお肉を食べています。
クスクスに入っていること、タジンに入っていることが多いです。
そのお肉を買いに、家のお母さんたちが数十分かけて、歩いてメディナまで買い物に行ってくれています。
家の中や、日蔭は涼しいモロッコですが、買い物に行くのは汗もかくし、けっこう距離もあって、一苦労です。

モロッコでは、何を買うにも人と人が言葉を交わしています。
日本では、並んであるパックの商品をカゴに入れ、言葉を交わすことなくお店を出る。
新鮮、衛生、効率・・・、そんな言葉で日本とモロッコを比較すると、両方とも素敵だな~。
今は、そんな風に感じています。
効率よく衛生的な日本。
決して衛生的でないけど、新鮮で人同士が交わるモロッコ。
ひと昔前の日本なのかな?
そんな風に想像をしたりもする。

私はまだ、買い物をするのに緊張する。
思い通りに言葉にできない、買い物の仕方がいまいち理解できない。
でも、これからの生活で、うちのお姉さんのように買い物できるようになりたい。
それが小さな目標です。
[PR]

by coffeeshopdabada | 2010-07-17 09:11 | モロッコ・イスラム

Du pain

d0158171_15102598.jpg

モロッコに来て、お米の大好きな私ですが、毎日パンの生活になってしましました。
毎食パンです。
特に“ホブス”という、モロッコのパンがおなじみです。
日本のパンのように“フワ~”とか“しっとり”って感触はなく、口の中(前歯の奥)に堅いパンが当たり、血が出そうです・・・。

さてさて、ホブスですが、いつもはお店で買って食べるのですが、昨日は我が家で生地を練って、窯のあるお店に持って行って、お金を払って焼いてもらいました。
1枚のホブスが、直径40cmほど、厚さ3cmほど。
その生地を4枚。
重さにすると・・・重い。
そんな生地を、モロッコ人女性は軽々と肩や頭に乗せ、ひょいひょいっと歩いていきます。
頭に乗せて、絶妙なバランス感覚で歩く女性。
私のバランス感覚、負けた!!
そう感じました。

手作りのパンは、焼きたては本当においしかったです。
愛情込めた生地、そして、お店まで運ぶという手間のかかったパン。
日本よりも、何をするにも時間がかかって、要領の悪い毎日・・・。
だけど、その分おいしく感じているのかもしれません
d0158171_15113970.jpg

[PR]

by coffeeshopdabada | 2010-07-13 15:15 | 生活の中のモロッコ

OUDAYA

d0158171_750385.jpg
OUDAYA(ウダイヤ)
首都ラバトで、ホームスティしている町の名前です。
城壁に囲まれたような感じで、遠くから見ると“お城”のような町です。
今はバカンスということもあって、観光客が家の前までしょっちゅう来ています。
ウダイヤの中は、道がクネクネしていて、よく迷います。
最近は、友達の家に迷わず行けるようになってきましたが、複雑です。
城壁(!?)を抜けると、すぐに海。
この砂浜で、ビーチサッカーを何度かしました。
今日は、日曜日ということで、家のアブデルモリーという男性24歳と、近所の親戚女性と3人で海岸に行きました。
軽い気持ちで、寝起きの私は出発。
が・・・、
砂浜を4往復。
更に、腹筋・腕立て・スクワット、筋トレの嵐。
帰り道、そんなにきれいでもない海?川?に3人で入ることに・・・。
寝起きの私は、思考停止。
なすがまま、お付き合いしておきました。
決してきれいではない水・・・。
だけど彼らは“素敵だろ!!!”ってな感じで自信満々。

私はきれい好きなのかな!?
ここでは楽しんだ者が勝ちなのか??
色々と潔癖な日本人、自分が、異常なのか正常なのか分からなくなっています。
[PR]

by coffeeshopdabada | 2010-07-12 07:51 | モロッコの街

Faire la lessive

d0158171_2374453.jpg
洗濯する・・・。
こっちに来て、手洗いで洗濯する毎日です。
恥ずかしい話ですが、手洗いでしたこと・・・日本ではありませんでした。
モロッコでは、バケツや洗面器に洗剤を入れ、手で洗って・絞って・水が滴り落ちるくらいで干す。
ホームスティが始まって10日間くらいは、家のお母さんにやってもらってたんだけど、仕上がるまでに時間がかかるし、自分のものを他人にさせるのが申し訳なく、最近は自分でやり始めました。

干した時には、ポタポタと水がたれるのに、半日もあれば乾いています。
乾燥した空気、海辺の風、夏、ということで、乾くのが早い!!

ちなみに、家には洗濯機がある!!って聞いていたので“すげぇ”って思っていましたが、その洗濯機には・・・“脱水”というものがありません。
なので、ボタンひとつで最初から最後まで・・・、そんな洗濯機をイメージした私が間違っていました。
洗濯機とは名ばかりで、“洗濯補助機”程度のものでした。
てなことで、これからは自分で洗濯しまぁす。
[PR]

by coffeeshopdabada | 2010-07-11 02:40 | 生活の中のモロッコ

Le bus

d0158171_6393293.jpg

アラビア語のモロッコ方言である“デリージャ”を、月曜日から習い始めました。
フランス語学校へは、歩いて40分ほどかけて行っていましたが、アラビア語学校へはバスで行っています。
街の中を循環しているバスで、運賃は一律3.5ディルハムです。
日本円に直す時には、約10倍する、ということで、1回のバス代が35円ほどと言うことになります。
しかも、日本のように、お金を機械に入れるわけではなく、切符を売りに来る人が必ずいます。
写真のように男性の場合もあれば、女性の場合もあります。
バスには、新しい・古いがありますが、古いバスには“降車ボタン”がありません。
ということで、降りるところが近づくと、“窓をドンドン”とたたきます。
そんな通学が、残り2週間。

気を抜くと、乗り過ごしてしまうという、日本とは違う“緊張”のバスの時間。
2週間後の不安や期待も抱え、ドキドキしています。
[PR]

by coffeeshopdabada | 2010-07-09 06:42 | モロッコ・イスラム