La naissance

d0158171_4162345.jpg

“誕生”
モロッコに来て、ずっと苦しかった日々が続いていました。
しかし、ようやく自分がすべきことが明確になり、日々前向きに活動できそうです!!
折しもモロッコでは、“プロフェット(預言者) モハメッドの誕生祭”で、学校現場は5連休です。

この連休は、ゆっくりと語学勉強と活動準備にあてようと考えていましたが、
同僚の先生たちが入っているアソシエーション(青年活動団体・・・?)のプロジェクトに参加しました。
それがこの写真。
4月に学校の教室中に同じように絵を描くので、今回はモデル教室を作るというのが目標でした。
図書室の全面に、美術の先生の指示のもと色を塗り続ける。
2月16日(水)15:00~23:00
2月17日(木)15:00~22:00
2月18日(金)15:00~24:00
2月19日(土)12:00~17:00
かなりの長時間の活動で、疲労困憊ですが、一緒に何かを作り出すことができて、大満足です。
4月1日~10日が、この中学校の春休みです。
モロッコの隊員さんで、興味がある方!!是非声をかけてください。
一緒にペンキ塗りましょう!!
手伝ってくださる日本人、大歓迎!!ということです。

d0158171_4251382.jpg

さてさて、モロッコにきて7ヶ月間、ず~っとグズグズ考え込んでいた私です。
その私を導いてくれたのは、やはりこの人でした。
ダバ誕生のページを開いたのは、やはりこの人、カウンターパート(共に活動する同僚)でした。
5ヶ月間にわたる授業見学で、自分の役目が無く、ただ苦しいだけの活動の末、
ずっと我慢していた言葉ですが、
“日本に帰りたい”
充実感のない日々に、思わずつぶやいてしまいました。
日本から
“先生、高校合格したよ!!”
“バレー部の子供たちは、バレーを引退しても、真面目に頑張ってますよ。”
そんな言葉が、モロッコで何もしていない私にとどめを刺したのでしょう・・・。
そして、
“私の活動に、必要性を感じないと思うんだけど・・・”
と、同僚に突然相談しました。
いつもながら彼は真剣に、冷静に答えてくれました。
“モロッコで、日本式の授業をやったらいいじゃないか。”
“モロッコの中学校で授業をするという、経験を積みたくないのか?”
・・・・・
これから、週に何時間かは、私がメインで授業をすることになりました。
今までも、何度か言われたのですが、自分の立ち位置が分からず、断っていました。
いや、毎日見学に行くもんだから、自分のするべき時っていうのが分からず、急に授業を丸投げされたり、授業を休まれたり、腹を立てていました・・・。
でも、自分の担当授業を明確にできたので、気持ちがすごく楽になりました。
これからは、授業のためにも、フランス語を勉強します。

d0158171_426374.jpg

そんな風に、自分の活動が明確になったけど、自分の中ではひっかかていることがひとつ。
どうも腑に落ちず、何をしていても頭の中で考え込んでいたことがあります。
彼に言われたこと。
“7ヶ月たったのに、フランス語の成長が遅いな・・・。
 フランス語の勉強がんばれ!!
 フランス語の先生が良くないんじゃないのか??
 机で勉強してるだけじゃダメだぞ。
 実際に会話にならないと意味がないぞ。”
いや、私、毎日自分では勉強しているつもりでしたけど・・・。
今の私の先生、色んな話をしてくれるから、否定されるとショックですけど・・・
実践が大事ってのは分かりますけど、彼とずっと行動してると、男と女なので良くないと奥さんに言われましたけど・・・。
は~・・・

こんなことが頭の中で四六時中グルグルと回っていました。
でも、色塗りに集中するこの時間は、無心で作業する久しぶりの時間で、実に充実した時間でした。
そして、集中した作業を終えてふと気付いたこと・・・
モロッコに来てからすぐの頃は、自分から積極的に話しかけて、上達しようとしてたなぁ。
毎日大家さん家に行って話をしてた。
今は、その気持ち忘れてた・・・。
彼に言われた言葉は、そうとう私をいらだたせたのですが、
結局は、私を前向きにしてくれるものとなり、言ってもらってよかったなと感謝している自分です。

人見知りしてしまう自分ですが、実践あるのみ!!
机での勉強と、人との会話で、フランス語がんばります!!

d0158171_439161.jpg

最後に、モロッコの学校には体育館がありません。
マット運動も外でやっています。
こんな風に“青空体育館”です。
同僚の彼に見てもらいながら、教育実習生のように、これからは授業を見てもらいます。
体育教師、第2期教育実習開始!!
[PR]

by coffeeshopdabada | 2011-02-20 05:49 | 活動