La position

d0158171_7263391.jpg


“立場”

私は、何のためにモロッコに来たのか・・・。
モロッコに来て、何度こんなことを心の中でつぶやいただろう。
“ボランティア”という立場が、自分の中で整理できていない。

私の毎日は、カウンターパート(同僚の先生で、特に私の面倒をみてくださる人)の中学校に、その先生の授業がある時について行く。
私自身の公式な活動時間は、火曜日と金曜日の午前中の2クラスのみ。
一体何を毎日しているんだろう・・・。
カウンターパートがグランドを離れ、私に授業を丸投げすることもあった。
一緒に出勤すると思いきや、別の仕事があると言われ、更衣室のカギを渡され1人で行ったこともある。
そんな時、生徒には思い通りに指示は通じない。
そして、実技の時間なのに、説明の時間がやたらと長くなり、私も嫌だし生徒も嫌だろう。
1人で授業もできないボランティア教師・・・。
ボランティアは、モロッコの先生と一緒に授業をするから、日本の考えや技術を伝えることができる・・・。
だから先生、一緒に授業をしよう・・・。

自立するよう求められているように感じる日々。
でもそれはボランティアの求める姿ではない。
自分の無力さを慰めているように感じるかもしれないけど、そうしたい。

最近はバレーボールの授業も、ゲーム形式になってきた。
言葉をしゃべれない私は、ゲームに参加し、ラリーが続くようにプレーする。
しゃべれない、何しに来たのか分からないボランティア体育教師も、運動神経はいいと株が上がる。
カウンターパートは、グランドから離れ、生徒と一緒にバレーをする私。
伝えたいことがあっても、伝えられず、ただ一緒にバレーする私。

何なんだろうこの立場。


小学校でも、月曜と水曜の午後に授業をしている。
一緒に活動するのは、中学校教師であるカウンターパート。
モロッコの体育授業を知っている先生なので、心強い。
私が提案したことを、簡単に説明するだけで理解し、子供に伝えてくれる。
でも、説明する前に、私がフランス語で、ダメ元で子供に説明。
通じない・・・。
私のフランス語あやしいよ・・・、しかも子供たちも、フランス語習い始めたところだよ。
自分の無力さを痛感する。

何なんだろうこの立場。


小学校には、何一つ体育用具がない。
グランドはある。
体育を教える先生もいない。
そこに私とカウンターパートで行く。
そこで私ができることは、道具を作ること。
空のペットボトルを集めて、コーン代わりに使えるようにする。
古新聞をもらって、ボールを作る。

モロッコの先生たちは、こんなもの作らず、新しいものを買って授業をするんだろうな。
でも、政府が買ってくれないから、体育をしない。
何なんだろうこの立場。
[PR]

by coffeeshopdabada | 2010-12-20 07:38 | 活動