Le poulet

d0158171_924497.jpg

“鶏”

スークと呼ばれる、市場では、たいてい“鶏”のにおいがする。
友達が、スークで“鶏を1匹買いした”、そんなことを聞いていたが、こないだ初めて自分も買った。
衝撃で、思わず目をそむけたくなったが、じっと見たいと思った。

d0158171_925119.jpg

まず、自分がさばいてもらう1匹を選ぶ。
小さい方が美味しい、そう聞いたので小さいのにした。

d0158171_9253582.jpg

はかりで重さを測り、18DHと言われた。
日本円にして、180円。
1kgちょいの鶏がこの値段。

d0158171_926339.jpg

値段のことを考えている間に、アッと言う間に鶏の首は切られ、痛みにバタバタしていた。
思わず目をつむろうとしていると、この入れ物の中に放り込まれた。
しばらく鶏はあばれ、切りつけられた首から、血が流れ出、血抜きをしていたようだ。

d0158171_9263360.jpg

その後、足を持たれた鶏は、熱湯につけられた。
少し暴れる鶏も、手慣れた様子でしばらく熱湯につけられる。

d0158171_926566.jpg

熱湯のせいで、羽がかなり抜け、さっきまで動いていた鶏は、もう動かない。

d0158171_9272710.jpg

熱湯の後は、水なのかな?
違う液体につけられ、羽はきれいに無くなった。
ほんの数分前まで生きていたのに・・・。
今はもう、スーパーで見慣れた“鳥肌”状態になりました。

d0158171_9275880.jpg

きれいになった鶏を、最後に包丁で作業。
内臓を取ったり、足を切ったり。


これが“命をいただく”ということ。
日本ではこんな様子は見れない。
見る環境が無い。
現実を受け止めるだけの、自分がいなかった。
モロッコに来て、動物の命をいただくことを日々近くに感じる。

最後に、家に持って帰った鶏は、お酢と塩だったかな?
臭みをとる作業をして、次の日までねかせました。
[PR]

by coffeeshopdabada | 2010-11-29 09:51 | 生活の中のモロッコ