Le match

d0158171_1223262.jpg

“試合”
サッカーの試合を見に行った時のこと。
試合終了と同時に、審判の周りに警察がつめ寄り、審判を守るように控室に戻る。
試合後のあいさつなどなし。
何だか、スポーツで養われる、スポーツマンシップというか、スポーツの持つさわやかさが、少し減った感じがして寂しかった。
見に行ったリーグは、モロッコの2部リーグのようで、日本の大学男子サッカーの方が、間違いなくレベルが高い。
社会人リーグとして、地域の顔となり、スタジアムに市民が応援に来る。
そんな、地域密着のサッカーの雰囲気を体験し、久々にサッカーがしたくなった。
気持ちとは裏腹に、体はなまり、重く感じてくる今日この頃・・・。


さて、試合とは、選手の能力をのばす、最高の練習方法だと私は思う。
私の活動でも、試合のようなものが先週あった。
“日本の小学校との遠隔授業”
モロッコ人夫婦に参加してもらい、3人が、日本の小学生に向けて、モロッコの紹介をした。
モロッコをどう伝えるのか、考え準備して臨む。
ご夫婦と事前に打ち合わせをして、本番ではフランス語の通訳をする。

やはり、試合では試合でしか経験できないものがある。
事前に準備しておいても、本番になると何かが違う。
そんな中で、実際に行動し感じること、必ず自分の力になる。
そんな風に感じた、1時間の授業でした。

今後も続ける“遠隔授業”
自分のフランス語を試す、練習試合になりそうだ。
試合に向け練習し、試合で感じたものを改善し、次に臨む。
こんな“試合”は、自分の考え次第でたくさん組めそうだ。
節目となり、自分を高められる、そんな“試合”を1戦ずつ全力で戦いたいと思う。
[PR]

by coffeeshopdabada | 2010-10-18 01:40 | 頭の中