Du pain

d0158171_15102598.jpg

モロッコに来て、お米の大好きな私ですが、毎日パンの生活になってしましました。
毎食パンです。
特に“ホブス”という、モロッコのパンがおなじみです。
日本のパンのように“フワ~”とか“しっとり”って感触はなく、口の中(前歯の奥)に堅いパンが当たり、血が出そうです・・・。

さてさて、ホブスですが、いつもはお店で買って食べるのですが、昨日は我が家で生地を練って、窯のあるお店に持って行って、お金を払って焼いてもらいました。
1枚のホブスが、直径40cmほど、厚さ3cmほど。
その生地を4枚。
重さにすると・・・重い。
そんな生地を、モロッコ人女性は軽々と肩や頭に乗せ、ひょいひょいっと歩いていきます。
頭に乗せて、絶妙なバランス感覚で歩く女性。
私のバランス感覚、負けた!!
そう感じました。

手作りのパンは、焼きたては本当においしかったです。
愛情込めた生地、そして、お店まで運ぶという手間のかかったパン。
日本よりも、何をするにも時間がかかって、要領の悪い毎日・・・。
だけど、その分おいしく感じているのかもしれません
d0158171_15113970.jpg

[PR]

by coffeeshopdabada | 2010-07-13 15:15 | 生活の中のモロッコ